悪徳探偵社の見分け方

全国対応 浮気・不倫の【優良探偵業者比較】24h対応。何度でも無料相談。

フリーダイヤル0120-665-017

探偵業法の届出がされてない探偵業者は危険

「探偵業法」が施行されたことにより、探偵業を行うにあたっては、公安委員会に対して届け出を行わなければなりません。

 

届け出をしている探偵業者は、事務所内に証明書を掲示する・ホームページに届出番号を掲載するといったことをしているはずなので、調査を依頼する場合は、探偵業者がこの証明書を持っているかどうかを必ず確認し、証明書を持っていない探偵業者に調査を依頼するのは絶対に避けて下さい。

 

会社所在地が非公開は要注意

探偵業法 会社所在地 不明確

探偵業者の中には、何らかのトラブルが発生してもすぐに逃れることができるようにと、事務所がどこにあるのか、所在地を公開していない探偵業者もいます。

 

ですから、事務所への訪問を断られた場合は怪しいと判断し、利用を避けたほうが良いでしょう。


また、「信用できる大規模な探偵業者」に見せかけておいて、実際に訪問しようとしたら「所在地に事務所が存在していなかった」というような場合もあります。

全国対応で、浮気・不倫の相談無料見積り24時間受付中

関連ページ

悪徳探偵社の見分け方③④
契約書類無しで、依頼料を答えない探偵社は危険です。
悪徳探偵社の見分け方⑤
面談や契約を強引に迫るのは、悪徳探偵社です。。
悪徳探偵社の見分け方⑥
事務所の所在地がでたらめな場合もあります。
悪徳探偵社の見分け方⑦⑧
「バレたことが一度もない」発言と、HP上のお礼文・口コミ文
悪徳探偵社の見分け方⑨⑩
誇大なキャッチフレーズ、サラ金を紹介する探偵社は危険です。