探偵社 選び方

全国対応 浮気・不倫の【優良探偵業者比較】24h対応。何度でも無料相談。

フリーダイヤル0120-665-017

ただの相談員とプロの調査員を見分ける

ただの相談員とプロの調査員

何らかの事情があって探偵を依頼する場合、契約をする前にまず行われるのが「面談」です。

 

面談を行うのは、必ずしも実際に調査を行うプロの調査員ではなく、探偵業者の社員である相談員が行う場合もあるのですが、やはり依頼者としては、面談の段階から探偵に担当してもらいたいですよね。

 

ところが、面談を行う側が何も言わなければ、依頼人の側には「プロの調査員なのか、それともただの相談員なのか」ということはわかりません。

 

ただの相談員であっても、探偵業者の社員である以上は、一般の方は知らないようなレベルの専門知識は持っているので、探偵になりすまして相談に応じることができてしまうからです。

 

では、ただの相談員とプロの調査員を見分けるためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

ただの相談員とプロの調査員を見分けるためには、「どういった感じで撮影しながら調査を行うのか」という実際の調査の手順を、撮影機材を用意してもらい、通行人をターゲットにして目の前でやってもらえば良いのです。

 

その時に、ターゲットを正面から撮影することができれば、決定的な証拠を押さえることができていることになるので、プロの調査員と判断することができます。

 

もし、実際の調査の手順を「企業秘密」などと言って依頼人に教えることを拒否した場合や、撮影機材を見せただけの場合、そしてターゲットを正面から撮影することができなかった場合は、相手がただの相談員である可能性があります。

 

「探偵業者にここまでさせるのはちょっと…」と思うかもしれません。

 

ですが、高いお金を払って探偵業者を依頼するわけですから、実際の調査の手順を知る権利が依頼人にあっても良いはずです。

全国対応で、浮気・不倫の相談無料見積り24時間受付中

関連ページ

会社規模の大小と調査力
会社規模の大小は調査力に関係があるのか
依頼者に必要な心構え
探偵業者につけ込まれやすい依頼者について。
同情で料金値引きは?
優良探偵社の選び方について。
探偵業者面談は複数人で
探偵業者との面談はなるべく複数人で行くことが望まれます。
地方での探偵業者依頼
地方で探偵業者を依頼する場合について。